映画Avatarをみた

アバター観てきました。
(ネタバレはないつもりですが、これから観る人はお気をつけを)



 
先月「2012」を観たときに流れた予告編をみて、ほとんど話のすじも落としどころも分かってしまった気がしたので観に行く予定はなかったんですが、人からあの映像はとにかくすごいから絶対観るべきと言われてそれじゃあと。

結果ストーリーはまあ予想どおりで予告編はいろいろ見せすぎ&聞かせすぎなんじゃないかと。
全然悪くないんですが。
そして期待の映像はというと、これは本当にすごかった。

舞台となる惑星パンドラとそこに生きる動植物の造り込みが半端なく、すばらしく美しかったり、雄大であったり、奇妙、奇抜、かっこいい、グロテスクとなんでもあれ。一つ一つのデザインにも溜息が出そうなのだが、その全てがパンドラという星で一つの生態系を築いているのだと感じさせられること、これが本当にすごいと感じた。
またパンドラの先住民ナヴィの姿も、最初はその大きさ、肌の色、猫と人間を足したような顔つきなどで、人間とは相容れない『異星人』を感じさせるが、話が進むごとにだんだん違和感なくなっていく。特にナヴィの女性がかわいく見えてくる。これはストーリー中の主人公の心情とリンクするよう計算されているのだろう、見事に術中に落ちました。すごいぜキャメロン。

今年初めて観た映画でしたが、そのまま2010個人的ベストムービーになってしまうのでは?くらいの映画でした。
この映画、PS3やXBOX360、DSなんかでゲーム化もされているみたいですが、戦いとか別にいいんでパンドラを自由に探索できる環境ソフト的なゲームをやってみたいです。

そういや3D映画を観たのはたぶん初めて(赤と青のセロファンの除く)なんですが、慣れてくると最初ほど立体に感じなくなってきますね。
その代わり最初動きの速いシーンの映像がぶれて見えていたのが低減されてくる。

 
あの映像をどのように作っているか、その一端を垣間見れる動画
http://www.youtube.com/watch?v=1wK1Ixr-UmM&fmt=22

何・・・だと・・・
http://www.cinematoday.jp/page/N0021734

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です