MBAを買いまして、ブラウザでPHPのエラー箇所を標示


MacBook Airを買いました。
FlashとかやるメインのPCはWinなので迷いましたが、今はDropboxEvernoteなど環境に依存しない共有の仕組みが色々と整っているので問題ないだろうと。
その他Google Chromeのアカウントの同期、iPhoneアプリで圏外でもブックマークが読めるRead It Laterなど、本当に便利な世の中になったものです。
買った直後に発表された新MacBook Proのことは別に気にしていません。

さて、MacでPHPを弄ろうと思い、ローカルにWebサーバーを構築するフリーソフトMAMPをインストールしました。
Windowsだと多分XAMPPですね。Macにもありますが、どうせなら違うのを入れようとこっちを選びました。
PHPはすぐに動作するようになったのですが、スペルミス、構文エラー等発生したときにミスった箇所の行数などがデフォだと出ません、WinのXAMPだと出たんですが。
デバッグに不便なのでエラーを表示するよう設定する方法を調べましたが、PHPのバージョンなのか行数などが違っていたのでメモっておきます。

■PHPのエラー行をブラウザに表示(PHP5.3.2)
/Applications/MAMP/conf/php5/php.ini の 277行目
display_errors = Off を Onに。

忘れずにMAMPの再起動をしましょう、エラー行数等の表示が出る筈です。

 
ということでこれからFlash以外にも、まだ慣れないMac環境でのメモとかも書くかもしれません。
新しいMBPはiPhoneでテザリングっぽいことが出来るかもとのことですが、全然気にしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です