WOW-Engine + PV3Dによる3次元物理演算

3Dの物理演算コンテンツのデモを作ることがあったので覚書。
物理演算のライブラリは数あれど、何も分からなかったのでとりあえず3D対応を謳っていたWOW-Engineを選択。
調べていく中で分かりましたが、物理演算系ライブラリは基本内部計算のみ、表示部分は自前か他のライブラリを使用する必要があるため、 例えばよく知られたBox2Dのような2次元物理演算のライブラリを利用して、3Dでの物理表現を実装することも可能です。
比較なんぞしていないですが、表現によってはそちらの方が動作が軽かったりしそうですね。
ここでは導入方法と実装の考え方をざっくりと。
3Dエンジン部分はPapervision3Dを使用しました。

【導入方法】
まず公式サイトからファイルを入手します。
そのままパブリッシュしようとすると、DListNode云々と怒られるので、ここからpolygonalクラスというのを入手して配置する必要があります。データ構造を扱いやすくするライブラリだそうです。

【実装】
まず各クラスの処理を簡略化したものがこちら。WOW-Engine + PV3D による3D物理演算コンテンツ概略図

“WOW-Engine + PV3Dによる3次元物理演算” の続きを読む