TwitterAPI

Twitterと絡めた案件がありそうなので、TwitterAPIを使ったサンプルを作ってました。
簡単にいろいろデータが取れるんですね。
基本は、

http://twitter.com/xxxxxxx/xxxxxxx/(ID).xml

(ID)にはユーザー名が入り、XML形式の他『.json』とすれば、
JSON形式でデータが返ってきます。

http://twitter.com/statuses/friends/TNKHRYK.json

とすれば、自分がフォローしているアカウントの情報が取得できます。

urlLoader.addEventListener(Event.COMPLETE, jsonLoadComp);
urlLoader.load(new URLRequest("http://twitter.com/statuses/friends/TNKHRYK.json"));

private function jsonLoadComp(e:Event):void {

	var json:String = URLLoader(e.target).data;
	var content_json = JSON.decode(json);
	var total:int = content_json.length;
	for (var i:int = 0; i <total ; i++)
	{
		trace("フォローしている人のサムネイル画像URL" +
		content_json[i].profile_image_url);
	}
}

フォローしている人のサムネイル画像のURLをJSONデータから取り出しています。

http://twitter.com/statuses/friends/TNKHRYK.json?count=50

データの数を制限するには上記のようにクエリを指定します。

 

こちらの日本語訳仕様書を参考にさせていただきました。
Twitter API 仕様書

・・・と、サンプルを制作してアップしたところ、クロスドメインのことを完全に失念していました。
ローカルで動かす分にはFlash単体で支障ないですが、
webにアップすると別ドメインからのデータ参照に制約がかかります。
これを回避するためにデータを中継するPHPを置くなどの対策が必要となるのでした。
以下参考にさせていただきました。
FlashでTwitterの発言を取得してみる